宇宙葬

宇宙葬とは

宇宙葬は、故人を宇宙に葬送する方法です。カプセルなどにご遺骨・ご遺灰を詰めて、ロケットで打ち上げます。初の宇宙葬は1997年、アメリカのオービタル・サイエンシズ社によるペガサスというロケットを使って行われ、天文学者、映画プロデューサーなどの著名人を含む24名のご遺骨が打ち上げられました。宇宙葬といっても、実際は地球の周回軌道上を出ることがないものがほとんどだそうですが、人工衛星を使用した宇宙葬では、月面までも到達できるのだとか。

最近では宇宙ゴミを増やすとの批判がありますが、業者側は地球に落ちてくる際に成層圏で燃え尽きると説明しています。注意したいのは、宇宙葬ではまだまだご遺骨のすべてを打ち上げることはできない、というところです。打ち上げるご遺灰の量は数グラムですので、分骨してほとんどのご遺骨は別の葬送を行う必要があります。

日本では独自に葬送ロケットを打ち上げることはありませんが、2013年にアメリカの企業「エリジウムスペース社」と提携したサービスを行う企業があります。アメリカでの打ち上げになるため、一般的にはご遺骨の出発を見ることは難しいのですが、お見送りも含めてのツアーコースもあります。

サービス内容は、宇宙空間(海抜高度100km超)へと打ち上げるプラン、人工衛星で宇宙空間に打ち上げられ、240年間軌道上をまわりつづけるプラン、月面に運ばれるプラン、宇宙を飛び続けるプランがあり、地球からの距離が離れるほどぼ費用は高くなります。

宇宙葬とは
宇宙葬とは

宇宙葬の準備と手続き

日本で宇宙葬を請け負っている業者は、海外の企業と提携しているため、ご遺灰は配送業者を通じてのやりとりになります。ご遺体を火葬するところまでは日本で行います。その上で契約手続きをして料金を支払うと、ご遺灰を入れるカプセルが届きます。そのカプセルにご遺灰をいれて返送すると、現地で業者がロケットや人工衛星に積み込みを行います。ご遺族が現地に向かってお見送りをする場合は、打ち上げ前に到着するように手続きを取り、ロケットが打ち上げられたあとには、打ち上げ証明書が発行されます。
宗教や家に属さない個人での葬送をご希望の方に適しています。また、宇宙にロマンを感じている方にもおすすめです。

宇宙葬の準備と手続き
宇宙葬の準備と手続き

宇宙葬についてのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

050-8880-6577

受付時間 月~金 9:00~18:00
※営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください

WEBからのお問い合わせ

WEBお問い合わせフォーム