不動産売却など

  • HOME
  • 不動産売却など

終活における不動産について

不動産は、お金と違って単純な分割を行いにくいため、整理されないまま被相続人が亡くなってしまうケースも多くみられます。
いわゆる「空き家問題」は建物の劣化による資産価値の低下だけではなく、不法投棄などの被害にあうリスクもあります。
終活の一環として、不動産についても、生前にしっかりと話し合いをしておきましょう。

不動産の売却

自宅や所有する不動産を売却して現金化します。
お金に変えることで老後資金として使うことができ、相続もスムーズに行うことができます。
固定資産税など維持管理に必要なお金がかからなくなることが大きなメリットですが、自宅売却の場合は、売却後に子供との同居や老人ホームへの入所など、住む場所について考える必要があります。

不動産の売却

所有している不動産を売却する場合

所有している不動産を売却する場合、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。
さまざまな理由で不動産の売却を考えることもあるでしょう。いざ不動産を売却しようと考えても、手順について知らなければ用意に手間取ってしまいます。ここでは不動産の売却の流れについて解説させていただきます。

所有している不動産を売却する場合
所有している不動産を売却する場合

不動産売却の手順

STEP1 売却の相場を調べて売値の目安を決める

不動産を売却する場合は、不動産相場を調べて売値の目安を決めましょう。
不動産には定価がありません。そのため、まずは売却の相場を知り、どの程度の値段で売れるのかを把握し、適正な価格を理解しておく必要があります。
知らないまま希望価格で売り出してしまうと、高すぎて売れない場合や、安すぎて損をするといったケースも発生しかねません。また、大体の目安の価格を知っておけば、売却活動や交渉もしやすくなります。

STEP2 売却先の不動産会社を探す

不動産を売却する場合は、信頼できる不動産会社を探しましょう。
大切な資産である不動産をスムーズに売却するためには、良いパートナーとなれる不動産会社を見つけることが重要です。そのため、売値の目安を決めたら不動産会社の情報を収集して不動産会社を探しましょう。

STEP3 売却の査定を依頼する

不動産を売却する場合は、物件価格の査定を依頼しましょう。
最適な不動産会社を見つけたら、物件価格の査定を依頼するところから、不動産売却に関する不動産会社との付き合いがスタートします。
物件に関するプロである不動産会社に、売却する不動産の価格を査定してもらいます。また、この時点では1つの不動産会社に絞らず、複数の不動産会社に一括で査定の依頼をして、良さそうな不動産会社を選ぶのも良いでしょう。

STEP4 不動産会社と媒介契約する

不動産を売却する場合は、不動産会社に仲介を依頼して媒介契約を結びましょう。
不動産会社へ不動産の売買の仲介を依頼する場合には、正式に媒介契約を結ぶことになります。媒介契約の形態には主に3種類あるため、自分の希望する売却方法などを踏まえてどの契約を結ぶか決めるようにしましょう。

STEP5 不動産を売り出す

不動産を売却する場合は、実際に不動産を売り出しましょう。
不動産の売り出し価格はその後の売却活動に大きな影響を与えます。そのため、希望売却価格だけでなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向などを踏まえて慎重に決めるようにしましょう。

STEP6 購入希望者との交渉

不動産を売却する場合、購入希望者が現れたら交渉を行いましょう。
不動産の購入希望者とは売却条件の交渉を行うことになります。売却価格の条件はもちろん重要ですが、その他の条件についても譲歩できる点やできない点を明確にし、交渉を進めましょう。

STEP7 売買契約を結ぶ

不動産を売却する場合、売却条件の合意を得たら買主と売買契約を結びましょう。
買主との売買契約を結ぶ場合、一般的には物件価格の1割から2割程度の金額を手付金として受け取ることになります。売買契約の内容に関しては、売主買主ともにしっかりと内容を確認しましょう。

STEP8 物件の引き渡し

最後に不動産の引き渡し手続きを行いましょう。
引渡しの手続きの際には、買主から売買代金を受け取るのと同時に所有権の移転などの登記申請を行います。引渡しでは、設備や備品などについても買主と共にしっかりと確認を行いましょう。
また、無事に不動産の引渡しを行った後も税務申告などの手続きが必要ですので、忘れないようにしましょう。

所有している不動産を売却する場合
所有している不動産を売却する場合

不動産売却についてのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

050-8880-6577

受付時間 月~金 9:00~18:00
※営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください

WEBからのお問い合わせ

WEBお問い合わせフォーム